ohaka_mainImage

宗教法人などが主体となって運営をしているお墓『民営霊園』について

宗教法人などが主体となって運営をしているお墓『民営霊園』について

昨今では、お墓を購入することが出来ないという人が急増をしています。
理由は様々で、たとえば、経済的に複雑な事情を抱えているため購入の資金が無いとか、子供がいないため承継者おらず購入が出来ないといった理由が挙げられます。
霊園にはいろいろな種類があり、それぞれの霊園の申し込みの際には何かしらの資格条件を求められることがあります。
たとえば、地方自治体などが主体となって運営をしている公営霊園には、『その地方自治体に現住所があること』や『既に手元に遺骨が存在をしていること』などの条件があります。
また、寺院が主体となって運営をしている『寺院霊園』では宗派を問われることが多く、利用をするためには『檀家』となることを求められることが多くなります。
つまり、これらの霊園は誰でも簡単に利用が出来るというものではないのです。特に公営霊園に関しては、経営状況も安定していて、費用が安く済み、交通の便が良いというメリットがありますので、人気も非常に高く、都市部の公営霊園では既に満員状態で新規に募集をしていなかったり、募集をしていても競争率が数十倍になったりということもあります。
このように墓地の購入には様々なハードルがあるのです。
そこで、おすすめをさせていただくのが『民営霊園』です。


『民営霊園』とは宗教法人などが主体となって運営をしている霊園となります。
この霊園の特徴としては、申し込みの際に特段の資格条件を求められることが無く、また、宗旨宗派を問われることもありませんので、誰でも利用をすることが出来ます。
この点が『民営霊園』や『寺院霊園』とは決定的に異なる点であり、『民営霊園』は空きさえあれば最も簡単に購入できる霊園とも言えるでしょう。
また、『民営霊園』では区画の面積や石の大きさ・デザインなどをある程度自由に選択することが出来ますので、自由度が高く希望を反映させやすいとも言えます。
生前にお墓を購入することが出来るというのも一つの特徴となります。
生前購入をすれば希望を色濃く反映させることも出来ますし、節税対策にもなりますので、昨今ではその割合は増加をしています。
ただし、費用面については、一般的には『公営霊園』よりも永代使用料や管理費などは割高となりますし、利用する石材店も霊園側から指定をされるケースが多くなります。
このように『民営霊園』にはメリットも多く、予算に折り合いさえつけば最も簡単に購入できるものとなりますので、お墓探しに困っている方は選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。