ohaka_mainImage

承継者の居ない人でも利用できる『永代供養墓』について

承継者の居ない人でも利用できる『永代供養墓』について

お墓という場所は人が亡くなってしまった場合、その遺骨を埋葬するために必ず必要となります。
この場所は、本人の死後はその子供やそのまた子供が承継をして、子々孫々と供養・管理をしていくものとなります。
『承継』とはその場所を継承する人を指す言葉で、『承継者』に該当する人は一般的には家督相続権のある長男となります。
しかし近年、『承継者』が居ないがために埋葬場所の確保が出来ないという人たちが増加をしています。
核家族化や少子高齢化の進行に伴い、子供に承継をさせる事が出来ない人が増えているのです。
たとえば、『一生涯結婚をしなかったために子供がいないのでそもそも承継者が居ない』とか、『結婚はしたけれども子供を授からなかったので承継者が居ない』とか、あるいは、『子供は居るけれども遠く離れたところに子供の自宅があるので供養・管理などで子供に迷惑を掛けたくない』などが挙げられます。
霊園によっては『承継者』が明確に存在をしていなければ申し込みが出来ないというところもありますので、『承継者』が居ないがために埋葬場所が見つからないという深刻な問題が発生をしているのです。
しかし、そのような人達を救済するために登場をしたものが『永代供養墓』というシステムです。


この『永代供養墓』とは、寺院や霊園側が承継者に代わって責任を持って埋葬場所の管理・供養を永代おこなってくれるというものになります。
つまり、承継者がおらず死後に無縁になってしまうような人でも利用が可能となるのです。
埋葬の形態としては、他の人と共同で埋葬をされるか、若しくは共同で納骨堂に安置をされるものが一般的ですが、利用者の希望によっては、通常のものと同様に個人単位で埋葬をしてもらうことも可能となります。
費用としては永代使用料や永代供養料、永代管理料などが掛かります。
個人単位の埋葬を希望しないのであれば、石の代金は掛かりませんので、一般のものと比較をすると安く済ませることが出来ます。
また、一度全ての代金を支払ってしまえば、その後は一切費用は掛かりません。
ただし、生前の申し込みの場合は年会費などの別途費用が掛かることがありますので注意が必要です。
ほとんどのところは宗旨宗派を不問としていますので、檀家となる必要もありません。
このように承継者問題に頭を悩ませている人でも一般的なものと同様に利用が出来るのが『永代供養墓』となりますので、埋葬場所の購入に困ってしまっているという人は選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。