ohaka_mainImage

お墓の購入の際に発生をする永代使用料などの各種費用について

お墓の購入の際に発生をする永代使用料などの各種費用について

『お墓』という場所はその故人や家族を映す鏡となります。
個人が埋葬をされている霊園などを年末年始やお彼岸、お盆などにおとずれると、色々な種類の『お墓』を見ることが出来ます。
それらはどれ一つとっても同じものはありません。
何故かというと、そこに埋葬をされている人々の個性や、その家族への個人への想いが具現化をされているからなのです。
ですから、埋葬場所を購入する際には、多くの人が埋葬をされる場所への希望やこだわりを持って、じっくりと時間を掛けて、慎重に購入をするのです。
しかし、お墓は非常に高額なものとなります。
購入する霊園の種類や石のグレードに応じて、様々な費用が発生をしてしまいます。
単価で言えば優に百万円は超過をしてしまうほど高額なものとなるのです。
ですから、希望に見合ったものを購入することももちろん重要ですが、支払いの部分で四苦八苦してしまうようでは本末転倒な話しとなってしまいますから、予算に折り合いがつけられることも必須の条件となります。
購入の際には事前にどの程度費用が掛かるものなのかしっかりと確認をしておくことが重要となります。
今回は購入の際に掛かる費用について解説をしますので、是非とも参考にしてみてください。


まず『永代使用料』という費用が掛かります。
これは埋葬場所の管理者から使用権を取得するための費用となります。
次に『石の代金並びにその工事費』という費用が掛かります。
これは、石の代金とそれを加工する費用や設置をする基礎工事費用、外柵や付属品の費用などを指します。
石にはリーズナブルなものから高級品と呼ばれるものまで多数存在をしますので、それに応じて費用も大きく異なってきます。
そして『管理料』という費用も掛かります。
これは建立した後の管理費用のことで、一般的には毎年支払いをする形となります。
これらの代金は現金による支払いも可能ですし、家や自動車と同じようにローンを組むことも可能となります。
お墓の購入にかかる費用の内訳がこちらに載っています。
合わせてご覧になってみてください。

税金については、取得につき課税をされるということは一切ありません。
理由としては、埋葬場所は所有をしているのではなく、あくまでも使用権を有しているだけであるという判断になりますので、不動産には該当をせず、不動産取得税や固定資産税などは発生をしません。
また、相続財産にも該当はしませんので、相続税も発生をしません。
このようにお墓の購入には様々な費用が発生をしますが、支払いで苦労をするようでは満足な供養をおこなうことは出来なくなってしまいます。
まずは予算をしっかりと決定してから購入の検討をした方が宜しいと思われます。
こちらには公営墓地や民営墓地について詳しく解説されています。
こちらも参考にしてみてください。