ohaka_mainImage

お墓の代わりとして納骨堂を活用しよう

お墓の代わりとして納骨堂を活用しよう

近年では、お墓に関する問題として『土地不足』というものが大きく取りざたされています。
特に東京などの都市部では土地不足は深刻な問題となっていて、たとえば、公営の霊園などは交通の便も良く費用が安く済むものが多いために全く空きが無く、何年間も遺骨を自宅に保管したまま空きを待っているような人もいらっしゃいます。
民営霊園や寺院霊園を利用するという方法ももちろんありますが、経済的な事情でなるべく埋葬に掛かる費用を抑えたいという方もたくさんいらっしゃいますので、このような人たちはなかなか故人の埋葬場所を確保する事が出来ないのです。
また、都市部では人口の集中や時価の高騰により、新しい霊園の開発が追い付いていないという特殊事情もあります。
これらの状況が『土地不足』という問題にさらに拍車をかけることとなっています。
そして、この『土地不足』の問題を解決をするために昨今注目を浴びているものが『納骨堂』となります。
『納骨堂』と聞くと、遺骨を埋葬するまでの間に一時的に遺骨を保管しておく場所という認識を持っている方も多いと思います。
しかし、昨今ではこの場所をお墓の代わりとして活用をする方が非常に増加をしているのです。
それでは、この施設にはどのような特徴があるのでしょうか。


『納骨堂』を経営している主体としては、寺院が主体となって経営をしているものや、宗教法人などが主体となって経営をしている民営のものや、地方自治体が主体となって運営をしている公営のものが存在をしています。
この施設の使用方法としては、土中に遺骨を埋葬するのではなく、建物の中に遺骨の収蔵スペースが複数有り、そこに遺骨を安置する形式となります。 収蔵スペースにはロッカー形式のものや仏壇形式のものなどたくさんの種類があります。
費用としては、石を建立する必要はありませんので、一般的には通常のお墓と比較をすると安価なものとなります。
申し込みの際に特段の資格条件は無く、宗旨宗派を問われることもありませんので、誰でも簡単に購入をすることが出来ます。
交通の便が良い場所に所在をしているものも多く、お参りもしやすくなります。
なお、お参りに関しては通常のお参りとは異なり、施設内に設けられている共同の参拝所などでお参りを実施するケースが多くなります。
以上のように故人の埋葬場所の確保に頭を悩ませてしまっている方にとっては、非常に使い勝手の良いものが『納骨堂』となります。
是非お墓探しの際には選択肢の一つに加えることをおすすめします。
こちらのサイトもおすすめです→