ohaka_mainImage

墓や仏壇のお魂抜きについてみておきましょう

墓や仏壇のお魂抜きについてみておきましょう

お寺との関係で、私たちは日頃よく法要という言葉を使います。
法要とは、お寺の住職にお経を読んでもらうことを意味しています。
法要で、住職にお経を読んでもらう目的は、故人を偲び、かつ、その冥福を祈ることに他なりません。
冥福とは、冥途の幸福、すなわち、あの世でよい報いを受けられることを指しています。
すなわち、法要でのお経は、故人があの世でよい報いをもらえるように、この世からお祈りをすることに他ならないのです。
法要にはさまざまなものがあります。
初七日や四十九日などは忌日法要と呼ばれるものです。
故人の一周忌や三回忌などは年忌法要と呼ばれています。
法要に関しては、崇拝の対象となるお墓や仏壇に対するものもあります。
それが、開眼法要と閉眼法要です。
開眼法要は、魂入れとも言われていることから分かるように、対象物に対して魂を入れるための法要ということになります。
その対象物とは、お墓や仏壇に他なりません。
すなわち、お墓を建てたり、仏壇を購入したような場合には、まだ、人が形作った単なる石や木に過ぎないので、これに魂を入れる儀式が必要になるのです。
そして、これが、開眼法要ということになります。
開眼法要は、信仰に対象物を命を吹き込む作業として最も大切なものです。


魂を入れるという儀式があるということは、逆に、魂を抜き取るという儀式があることを示唆しています。
お魂抜きとも呼ばれている儀式、それが閉眼法要と言われているものです。
閉眼法要が必要となるのは、信仰の対象物として魂が宿っているものから魂を抜き取って新たな対象物に入れる場合に必要となります。
典型的な場合としては、お墓の移転や、新しく仏壇を購入した場合の古い仏壇の処分の場合があげられます。
特に、引越しなどをする場合に、大きな仏壇をそのまま持っていくことが、引越先の間取りの関係で難しいような場合には、古い仏壇を処分して、引越先で新たに仏壇を購入する必要がでてきます。
このような場合には、古い仏壇に対して閉眼法要が必要となるのです。
ここで問題になるのが、閉眼法要をした場合の、魂の宿っていない仏壇の処分方法です。
そのまま廃棄処分に出すのは、閉眼法要の後とはいえ、心のどこかに引っかかりがでてくるものです。
そこで、そのような場合には、法要を取り行ってくれる住職に相談してみるとよいでしょう。
また、仏壇の閉眼法要から処分までを一貫して行ってくれる業者もいるので、はじめからそのような業者に依頼しておくというのも手です。
開眼法要と閉眼法要は、一般的には、対となります。
このサイトのお墓の開眼法要についての解説も参考になりますので、ぜひご覧ください。