ohaka_mainImage

分骨で別のお墓に収めるということについて

分骨で別のお墓に収めるということについて

分骨とは、一般的には遺骨の一部と分けて、別のお墓に納骨することをいいます。
広義の意味では、一部分を海に散骨したり、手元においておくということもそのひとつとなりますが、通常は二つの場所に納骨することをいいます。
まずこの方法には大きく二つのケースが考えられます。
ひとつはすでにお墓に埋葬してある遺骨をわけて別の場所に納骨すものです。
もうひとつは火葬場で最初から二つにわける方法です。
いずれの方法にしても分骨証明書などの書類が埋葬にあたって必要となりますので勝手に取り出しても正式には納骨できませんので注意が必要となります。
すでに埋葬されたお墓から分ける場合には、霊園の管理者に分骨証明書を発行してもらい、実際に二つの骨壷にわけて移動します。
新たな埋葬先の管理者にその証明書を提出し納骨します。
火葬場で最初からふたつに分ける場合には火葬証明書を2枚発行してもらい、火葬場でふたつの骨壷を用意してわけてもらいます。
その後別個に二つの霊園等に納骨していくというやり方になります。
全般的には前者の事後処理の方法のほうが後者よりも多い事例であるといえます。
それでは実際にこうしたことを希望する方の理由について触れてみたいと思います。


分骨を希望される方には概ね3つぐらいの大きな理由があるようです。
ひとつは身内の遺骨を兄弟姉妹、家族などそれぞれのお墓に納骨したいという意向です。
ふたつ目には、埋葬した霊園が遠方であるため遺骨の一部をお参りしやすい近くの霊園に納骨したいという意向です。
さらに遺骨の一部を宗派の本山におさめたいといった希望もあるようです。
こうしたやり方は故人の身が裂かれるとして嫌がる方もいらっしゃるようですが、どうやらこれは迷信のようで、お釈迦様や各宗派の師もいくつもに分かれて埋葬されていることから考えれば問題はないようです。
しかし埋葬されたお骨を分けると言うことに関しては親族によってお様々な意見や感情をお持ちの方がいらっしゃるようですので、物理的な手法の問題よりも、こうした感情的な問題がおこらないように十分に納得のいくお話合いをされることがなによりも大切ではないかと考えます。
もともと故人の供養からでてきた手法の問題ですから、そこでもめてしまっては意味がありません。
出来るだけ長くお参りできるような形になるための一つの解決策としてうまく利用していくことができれば、故人にとってもいい先約となるのではないでしょうか。
こちらにお墓のお手入れ方法が載っています。
定期的にお墓参りに行き、お墓やその周辺をきれいな状態で保ってあげましょう。