ohaka_mainImage

お墓の移動に伴う手続きと費用について

お墓の移動に伴う手続きと費用について

遠方の故郷にある先祖のお墓を、現在の住居の近くへ移動、引越ししたいと考えてる方が増えています。
近くにあると頻繁に行くこともできますので便利です。
移動するには費用と役所への届出と法要などが必要になります。
霊園や寺院の関係者や親族と相談しながら計画的に進めて行きましょう。
手続きですが、まず初めに、引越し先の霊園や寺院の管理者から受入れ証明書または永代使用許可書を発行してもらいます。
改葬許可申請書と改葬先の墓地使用者が異なる時は墓地使用者の遺贈承諾書が必要になります。
それから、現在遺骨を埋葬してある霊園、寺院の管理者に埋葬証明書を発行してもらいます。
埋葬証明書の内容は、遺骨の氏名、使用者、管理者の署名、押印があるものが必要になります。
改葬許可申請書と使用者が違う場合は使用者の改葬承諾書が必要になります。
管理者が不明な場合は、市区町村が調査を行いますので市区町村に問い合わせてみるといいでしょう。
現在、遺骨を埋葬してある市区町村に改葬の申請を行います。
改葬許可申請書に必要事項を記入します。
改葬許可証というのは、この許可証がなければ納骨ができないものです。
法律によって改葬許可証が発行されています。


改葬許可申請書は1遺骨について1枚必要になります。
改葬許可証発行には発行手数料がかかる場合があります。
現在の霊園、寺院から遺骨を取り出す際には、使用規則などで管理者が発行した契約や使用に関する書類で確認しないといけません。
契約等の書類がない場合は、管理者に問い合わせてみるといいでしょう。
通常は更地にして返すことになっていますが、常識として契約には書いていない場合もあります。
更地に戻す時は撤去費用がかかります。
業者によって撤去費用が違いますので複数の業者に問い合わせてみることです。
霊園、寺院によっては指定業者を使うことが条件になっている場合もあります。
指定業者が1社しかない場合は、必ず値下げ交渉をしましょう。
複数業者がいり場合は、合い見積もりを取りましょう。
新しい霊園、寺院では改葬許可証を提出します。
移動先では、永代使用料や墓石にかかる費用や管理料とその他檀家になることによって生じる費用などが必要になります。
納骨に関してもその費用がかかります。
納骨の際にお経をあげてもらう時はお布施も必要になります。
宗派を問わず、新たに寺院の檀家になる場合は使用料の他に入檀料や年会費などかかる場合があります。
購入を決める場合に確認しましょう
また、財産分与についてはこちらをご覧ください。