ohaka_mainImage

意外とわからないお墓を移す方法

意外とわからないお墓を移す方法

 就職や結婚などで郷里を遠く離れてしまっているので、先祖のお墓の管理が大変だしお参りにもなかなか行けないなどの理由から、現在の住居のそばに移すことを考えている人が近ごろ増えています。
  お墓を移すことを改葬といいますが、この改葬は自由に行うことができません。
現在埋葬されている遺骨を新しい場所へと移す手続きには役所の許可が必要になります。
じつは「墓地、埋葬等に関する法律」という法律が存在していまして、許可なく改葬した場合には罰則の対象となりうることもあるのです。
  では改葬はどういった手順で行えばいいのでしょうか。
役所への許可申請を行う前にまず、現在の居住地のそばに新しいお墓を求めなければなりません。
後ほど役所へ改葬許可申請をする際に移転先の管理者からの受入証明書が必要になるからです。
また現在の石碑をそのまま使用したい場合は移転先が受け入れ可能かどうかも調べておく必要があります。
さらに埋葬証明書を発行してもらうために、移転元の管理者の了承が必要になります。
移転元が寺院である場合、普段の付き合いの程度や慣習により異なることもありますが、それまでの感謝の気持ちも込めてそれなりにのお布施が必要になることもあります。


 続いて役所への改葬許可申請の手順です。
移転元の市町村役場で改葬許可申請書を手に入れ必要事項を記入、捺印します。
次に移転元の管理者から発行してもらった埋葬証明書と、移転先の管理者から発行してもらった受入証明書を添付して、改葬許可申請書を提出します。
要件を満たしていると役所から改葬許可証を発行され、その許可証を移転先の役所に提出することで事務的な手続きが完了します。
もちろん改葬は法律上の事務手続きさえ済ませばいいというものではありません。
移転元から遺骨を取り出す際には「魂抜き」の法要を僧侶にお願いすることになります。
ご遺体が土葬されていて遺骨が残っていない場合などは埋葬されていた場所の土をもって遺骨にかえます。
また古い石碑を移転せず残していく場合も「魂抜き」をしたうえで管理者と相談して処分することになります。
また移転先でも開眼、納骨供養を行う必要があります。
新しい場所で安らかに過ごしていただくために「魂入れ」の儀式をするのです。
  このように改葬には、事務的な手続きや宗教上の儀式など普段の生活ではなかなかわからないことがたくさんあります。
ただ改葬によりお参りの回数が増えたり、こまめにお手入れできることで心の安らぎを得ることもできますので、検討してみる価値は充分あるでしょう。
こちらのおすすめサイトにも、お墓を田舎から移す時の注意点について書かれています。